ドラマ

グッドワイフ 第3話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

回送列車による脱線事故が発生。遺族は過重労働による事故だとして、会社に賠償金を要求します。会社はそれを受け入れ、無事に解決するものと思われましたが、事故の真実は全く違うものだったのです。

ドラマ グッドワイフ 第3話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年01月27日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

グッドワイフ 第3話のあらすじ・見どころ

東神鉄道の回送列車で脱線事故が発生し、運転手の井口が死亡しました。井口の妻である晴乃は過重労働が原因によって起きた事故であるとして、東神鉄道に1億円の賠償金を提案しますが、東神鉄道の代理人である映美たちは運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案するのでした。

杏子らは過重労働を証明するために勤務実態を調べることにしました。すると井口の手帳に「OR」という文字が記されているのを見つけます。杏子はそれが何を意味するのか気になっていました。

東神鉄道に過去に同じような事故がなかったか調べると、今年に入って3件もオーバーランがあったことがわかりました。手帳に記された「OR」とはオーバーランのことだったのです。オーバーランを起こしたうちの一名である北原は、会社を退職し高級マンションに引っ越していることがわかりました。会社から多額の退職金を受け取った可能性があるとして、杏子らは北原から話を聞こうとしますが逃げられてしまうのでした。

それを見ていた東神鉄道の労務担当である小川は、過重労働があったことを認めました。過重労働が認められれば刑事事件で起訴になり、会社に大きなダメージが起きると言われた労務担当役員の安西は要求をのむからもう終わりにして欲しいと言うのでした。

しかし、杏子はあっさり要求を認めたことが気になっていました。そして、事故を目撃したホームレスの男性から話を聞くと、事故当時、井口が汽笛を鳴らしていたことがわかりました。井口は居眠り運転ではなく、列車の故障によって事故を起こしていたのです。年に一度交換しなければいけないブレーキを二年に一度しかしていなかったため、ブレーキが壊れていたのでした。それを隠すために過重労働による事故と見せかけていたのです。

しかし、事故の前に横浜地検が捜査に入っていたことがわかりました。そして、当時その担当だったのは特捜部長の脇坂でした。それを知った杏子は、自分が今回の事件を担当になったことも含めて、全て壮一郎が仕組んだことだと理解するのでした。

全て壮一郎の計画通りに進んでいた事がわかりました。壮一郎は一体何をしようとしているのか、謎が深まるばかりです。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of