まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中

まんぷく 第85話(1/12放送)の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

今や私たちの生活に欠かせない『インスタントラーメン』を発明した夫婦の物語です。万能調理器の完成が間近と知った福子は、少しだけ我慢することにしました。しかし、実はその影では製品化のための資金繰りが、うまくいっていなかったのです…。

まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中 まんぷく 第85話(1/12放送)が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2019年01月15日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

まんぷく 第85話(1/12放送)のあらすじ・見どころ

万能調理器が完成間近だと知った福子は満平の言葉を信じて、少しだけ我慢することにしました。

「もうすぐ終わる」と、満平は自分がわがままなことをしているとわかった福子は少し安心しました。

しかし、池田信用組合の金庫にはほとんど現金がなくなっていたのです。
真一は萬平に新規も追加融資も、織田島製作所への追加融資もやめようと提案します。
しかし、万能調理器の完成が近いこともあり、萬平は断固反対しました。

萬平が追い詰められていることを、福子は知りませんでした。
萬平は絶対に「なんとかなる」と信じていたのです。
なんだって一生懸命やれば絶対にうまくいくと。
福子もそう信じていたのです…。でも…。

色々な銀行に資金を求めましたが、どこの銀行も資金援助はできないということがわかりました。萬平はもう一度、梅田銀行に頼もうとします。
しかし、お金を貸すには担保が必要になるということでした。

その頃香田家では、忠彦がアトリエで美人画のモデルの絵を毎日描いていたのです。
克子は気丈に振る舞っていましたが、香田家は香田家で大変でした。

そして…。
ついに万能調理器が完成しました。
試作品を家に持ち帰った萬平は、源や幸にりんごジュースを作ってみせると、子どもたちは大喜びでした。

そこで、萬平が急にかしこまって福子と鈴に折り入って相談があると言いました。
万能調理器の次の課題は商品化だということを説明されます。
同じ商品を何台も作るためには資金が必要でした。
しかし、織田島製作所にも池田信用組合にもお金はありません。
なので、梅田銀行から資金援助を受けるしか方法がありません。
でも、今は不況で簡単にお金を貸してくれる状況ではありませんでした。
そして、萬平はこの家と土地を担保にしたいと言ったのです…!

福子も鈴ももちろん大反対です!
しかし、萬平は万能調理器が売れると信じてやみませんでした。

そして、萬平は8年前の追加徴税を受けたときのことを話し始めました。
萬平があのときに追加徴税を受け入れたのは、自分がやりたいことに力を注ごうと決めたからでした。めぐり合わせで信用組合の理事長になったものの、織田島製作所を手伝い始めてから、やはり自分が本当にやりたかったことに気がついたのです。
そして、自分の気持ちを押さえつけていたことも…。

自分のわがままを認めてほしいと言われた福子は、萬平の頼みを受け入れました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of