まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中

まんぷく 第81話(1/8放送)の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

今や私たちの生活に欠かせない『インスタントラーメン』を発明した夫婦の物語です。萬平が「池田信用組合」の理事長に就任してから8年。福子はアルバイト先の喫茶店「パーラー白薔薇」で、親友の敏子に再会します。そして、敏子からある町工場を助けてほしいという相談を受けたのでした…。

まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中 まんぷく 第81話(1/8放送)が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2019年01月08日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

まんぷく 第81話(1/8放送)のあらすじ・見どころ

福子の親友である敏子から「とある町工場を助けてほしい」という相談を受けて、萬平と真一は「織田島製作所」までやってきました…。

織田島製作所は小さな町工場で昔は刃物を作っていました。
しかし、家電会社に努めていた息子が戻ってきて、今までの技術を使って新しいものを作ろうということになったのです。
そして、現在は「万能調理器」の制作を考えているということでした。

「万能調理器」はまだ設計段階ではありましたが、ジューサー、ミキサー、みじん切りの3つの機能を兼ね備えた調理用の家電でした。

萬平は織田島製作所に100万円を投資することに決めました。
しかし、景気が悪くなっていることを知っているのにと真一に心配されます。
しかし、萬平は大興奮。織田島製作所のような会社を助けるべきだと自信満々です…。

家に帰った萬平は福子に融資の件を伝えました。
そして、織田島製作所が作ろうとしている「万能調理器」の話をし始めました。
福子は「万能調理器」が昔萬平が作っていた「根菜切断機」に似ているということに気づき、嬉しくなります。
萬平も「万能調理器」が完成すれば、絶対に売れる商品になると確信していました。

その頃、香田家では忠彦の新しい絵が完成したので夕食時に皆で喜んでいたのですが、当の忠彦は、これから自分が描いてみたい絵がわからなくなっていました…。

その夜、萬平はふと昼間見た織田島製作所の光景を思い出し、福子に話しかけます。
織田島製作所は親子と、その奥さん、小さい子供とで経営をしている小さな町工場でした。
それをみて萬平は懐かしい気持ちになったのです。
そして「自分はこんなことをしてていいのだろうか…?」と疑問を持ち始めました。
源や幸が知らない頃の自分の仕事、塩作りにダネイホンづくり…萬平は大変だったけれど楽しかったあの頃を思い出していたのです。

「萬平さん、後悔してるんですか…?」

萬平は「もう寝よう」と言って背を向けました。

萬平は理事長になったこと、本当は後悔しているのでしょうか…?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of