ドラマ

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第1話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

2019年放送の大河ドラマです。主演は中村勘九郎と阿部サダヲで、脚本は宮藤官九郎です。1964年に行われた東京オリンピックへの軌跡を人間模様を通して描きます。中村勘九郎は、1912年にストックホルムオリンピックに出場した金栗四三を、阿部サダヲは東京オリンピックの招致に尽力した田畑政治を演じます。

ドラマ いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第1話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2019年01月06日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第1話のあらすじ・見どころ

昭和341959)年、東京。高速道路の建設で大きく変貌を遂げようとしていました。次回オリンピックの開催地に向けて、田畑政治(阿部サダヲ)は対策を練っていました。そして、オリンピック開催地選考会で平沢(星野源)の見事なスピーチで次回オリンピックの開催地に東京が選ばれました。

昭和351960)年、浅草。落語家の古今亭志ん生が語るのは、50年前に日本がオリンピックに出場した噺でした。寄席の雰囲気が張りつめる中、古今亭志ん生の軽快な声が響きます。しだいにその噺に引き込まれるように時代は明治421909)年に遡ります。

嘉納治五郎(役所広司)は、フランス大使館で日本にオリンピック出場を正式に要請されます。スポーツを通じての世界平和を目的とした祭典で、アジアからも出場をしてほしいとのことでした。しかし、参加する選手も費用もスポーツという概念すらまだ日本にはありませんでした。そのため、嘉納は日本がオリンピックに参加するために奔走します。地道に人々にスポーツを説き、その情熱は並々ならないものでした。しだいに周囲を巻き込み、大きなうねりとなっていきます。

そして、嘉納がこだわったのがマラソンの出場です。日本国民の忍耐強さに合うのと花形競技であるためでした。それには、選考会という形式を取り入れたのです。場所は、羽田です。選考会は、明治441911)年1119日に行われました。そして、そこである選手が注目を集めることとなります。

1話は、嘉納治五郎を軸にオリンピック出場への過程を描いています。

嘉納治五郎を演じるのは、役所広司です。2018年放送のドラマ「陸王」では足袋を改良したシューズを作る社長役を演じていました。その第1話にランニングシューズの説明の際、金栗四三が紹介されていました。すでに金栗四三とは縁があったのですね。

脚本は、宮藤官九郎です。映画「真夜中の弥次さん喜多さん」では、監督脚本も務めています。NHKでは、ドラマ「あまちゃん」があります。

ぜひ、今後の展開にも期待したいですね!

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of