ドラマ

下町ロケット 新春スペシャルの見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

無人農業ロボット「ランドクロウ」を完成させた佃たちでしたが、売り上げが伸びずに悩んでいました。そんな中、殿村の畑を台風が直撃したことでランドクロウの技術力を世に知らしめることになるのでした。

ドラマ 下町ロケット 新春スペシャルが配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2019年01月03日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

下町ロケット 新春スペシャルのあらすじ・見どころ

佃製作所と帝国重工が協力して完成させた無人農業ロボット「ランドクロウ」でしたが、売り上げが伸びずに佃たちは落胆していました。それに比べてライバルの「ダーウィン」は着実に売り上げを伸ばしていました。

そこで的場は下請け企業に圧力をかけてダーウィンの売り上げを阻止することにしました。ダーウィンのプロジェクト参加企業は続々と離脱し、ついに出荷停止になってしまいました。しかし、帝国重工の下請け企業は公正取引委員会へ下請法違反の申し立てをしたことで、的場は取締役辞任することになってしまいます。的場の後任には水原が、そしてプロジェクトリーダーに財前が選ばれました。そして無人トラクターに続いて無人コンバインの発売に向けて動き出しました。

ダーウィンは出荷を再開することになりましたが、不具合の報告が続々と上がっていました。しかし、開発主任の氷室は伊丹にそのことを黙っていました。氷室は不具合の原因がわからずにいたのです。そこで伊丹はダーウィンとランドクロウを比較検討することを提案します。そしてシャフトの違いを発見した伊丹は、佃に特許技術を使わせてもらえないか頼みに行きますが断られてしまうのでした。

そんな中、殿村の畑を台風が直撃してしまいます。それを知った佃たちは殿村を手伝いに向かいます。そしてランドクロウのおかげもあって無事に全ての稲を刈ることができました。ところが稲本の畑は稲刈りが間に合わずに諦めかけていました。そこで佃は財前に無人コンバインのキャラバンを派遣してもらえないか頼むことにしました。日本の農業を救いたいと考えていた財前は快く承諾し、無事に稲本の畑の稲も全て刈ることができました。

財前は勝手に動いたことでその責任を問われてしまいますが、社長の藤間のおかげでことなきを得ました。そして佃製作所が取得している特許技術をダーウィンプロジェクトに供与することも認められました。伊丹は佃らに感謝して涙を流すのでした。

佃の人間性に感動しました。これからも日本の農業発展のために頑張って欲しいです。期待を裏切らない終わり方で良かったです。

 

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of