まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中

まんぷく 第77話(12/28放送)の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

今や私たちの生活に欠かせない『インスタントラーメン』を発明した夫婦の物語です。東たちは萬平を釈放させるために世論を味方につけました。そして、ついに財務局から「訴えを取り下げれば萬平を釈放する」という条件が出されました。東が萬平にその事を伝えると、萬平は訴えを取り下げるのは嫌だと言い始めたのです…。

まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中 まんぷく 第77話(12/28放送)が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2018年12月28日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

まんぷく 第77話(12/28放送)のあらすじ・見どころ

財務局から「訴えを取り下げれば立花萬平を釈放する」という条件が出されましたが、萬平は訴えを取り下げるのは嫌だと言い始めたのです…。

東は「訴えを取り下げれば萬平を釈放する」ということを、電話で福子に伝えましたが、萬平が「嫌だ」と返事をしたことは言い出せませんでした。
東の事務所には、財務局から催促の電話がかかってきていました。

世の中の徴税に対するデモも頻繁になってきて、新聞にも萬平を釈放するべきという記事が載り始めました。
しかし、萬平がいつになっても釈放される様子がないので、福子は東がなにか隠しているのではないかと思い、再び連絡をしました。

そして、東はやっと萬平が訴えを取り下げたがらないということを福子に打ち明けたのです。萬平が負けを認めるのは、自分の信念に反するということでした。

福子は萬平のそんな性格をわかっていました。
それほど頑固でなければダネイホンは作れません。福子は決意して、萬平と話をするために幸を連れて東京へ向いました。

面会室で萬平と会った福子は、三田村会長が亡くなったこと、亡くなる前に自分を励ましてくれたことを報告しました。
福子は「生きていれば希望はある」の言葉を持ち出し、今の萬平は死んでいるようなものだと言ったのです。
そして、萬平は発明家なので、人を笑顔にする世の中の役に立つ何かを作ることが、萬平の生きている証だと続けました。
刑務所に入ったままでは、いつまでたってもそれができません。
そして、源や幸、これからの家族のことを考えてほしいとお願いをしました。

家族のこと、子どもたちのこれからのことを考えて萬平は考えを改め、訴えを取り下げることにしました。

そして、桜の咲く日に萬平は釈放され、刑務所を出所しました。
お世話になった人相見の剛田にも挨拶をして別れました。

大阪に帰った萬平は、家族みんなからの歓迎を受けます。
久しく会っていなかった源は、すっかり重たくなっていました。
そしてその夜、福子たち親子4人、初めて家族揃って眠りにつきました…。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of