まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中

まんぷく 第76話(12/27放送)の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

今や私たちの生活に欠かせない『インスタントラーメン』を発明した夫婦の物語です。東をホテルまで送り届けた後、福子は久々に牧夫妻と野呂に会い、元気をもらいました。しかしその頃、東京の東の事務所には財務局の職員たちが強制調査にやってきていました…。

まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中 まんぷく 第76話(12/27放送)が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2018年12月27日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

まんぷく 第76話(12/27放送)のあらすじ・見どころ

ついに東京の東の事務所にも、財務局の職員たちが強制調査にやってきました…。

東京に帰るとややこしいことになるので、東はしばらく大阪に滞在することにしました。
このことで、財務局が訴えを取り下げるように圧力をかけてきたのは明らかになりました。
萬平が有名人で、見せしめのために刑務所に入れられたことは皆わかっていました。
しかし、東は皆の会話の中で、おかしいことに気が付きます。
そもそも、萬平を刑務所に入れたのは進駐軍だったのです。

その頃、東京財務局では東の事務所の帳票の調査が行われていました。
しかし、東の事務所は健全で、訴えを取り下げさせる材料は見つかりません。
進駐軍の言いなりになっている財務局職員たちも、この件にだんだんと嫌気が差していました。

次の日、神部と世良が「幸」の顔を見に遊びに来てくれました。
そして、二人は萬平と東が国を訴えたことを知ります。
そこへ東もやって来ました。皆が揃ったところで、東からの報告です。

東は、昨日忠彦が「萬平を刑務所に入れたのは進駐軍だ」という発言が引っかかり、東京の知り合いの税務代理士に確認を頼んでいたのでした。
すると、大蔵省主税局から各税務署へ「奨学金は非課税である」との通達が出ていたということがわかりました。
奨学金は非課税である…ということは、萬平の逮捕は完全に不当だということです。

しかし、それを責めたところで進駐軍が開き直るかも知れないということを東たちはわかっていました。
なので、世間を味方につけることを考えたのです。
萬平の不当逮捕の記事が新聞に出たら、戦争に負けて生活が困窮するなか、厳しく税を取り立てられている国民たちが味方についてくれるということです。
幸い世良にも東にも、新聞社の知り合いはたくさんいました。

それで萬平が釈放されるかは正直駆け引きの問題でした。
こちらが訴えを取り下げる代わりに萬平を釈放するように条件を出すのです。
しかし、それは税金の10万円は取られるということでした。

新聞記事には萬平不当逮捕の記事が出始めました。
当然財務局は進駐軍からの叱責を受けます。
裁判になれば確実にこちら側の負けです。
そもそも萬平を逮捕したことが間違いだということで、財務局の職員は進駐軍に怒鳴り返しました。

そして、東の思う通りに、訴えを取り下げれば萬平を釈放するということになりました。
東はそれを萬平に伝えました。

しかし、萬平は、税金を払えば負けを認めることになるため、訴えを取り下げるのは嫌だと言い始めたのです…。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of