まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中

まんぷく 第64話(12/13放送)の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

今や私たちの生活に欠かせない『インスタントラーメン』を発明した夫婦の物語です。ダネイホンを全国に販売するための宣伝方法を世良が考えてきてくれました。福子のナレーションを、レコードに録音します。そして、萬平がポスターの顔になるのですが、その突飛なデザインに萬平は「嫌だ!」と断ります。

まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中 まんぷく 第64話(12/13放送)が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2018年12月13日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

まんぷく 第64話(12/13放送)のあらすじ・見どころ

世良が考えてきたダネイホンの宣伝用看板のデザインは、ストライプのスーツを着た萬平が、ダネイホンの瓶を持ちニカッと笑っているものでした。
その突飛な発想に萬平は思わず「嫌だ!」と断ります。
しかし、嫌がる萬平をなんとか皆で説得して、早速ダネイホンの広告制作が始まりました。

まずは、福子のナレーションをレコードに録音します。

「おいしい、おいしいダネイホン。栄養満点ダネイホン。萬平印のダネイホン。」

…と福子は意外な才能を発揮し、一発でナレーションを録り終えたのです!
それには萬平も驚きを隠せませんでした。
そして、次は萬平の番です。紅白ストライプのスーツに青い蝶ネクタイ。
まるで道頓堀の「くいだおれ太郎」のような格好で、白スクリーンの前に立つ萬平。
しかし、緊張で笑顔が上手く作れません。
そこは福子が上手く持ち上げ、萬平の最高の笑顔を引き出したのでした。

出来上がった看板を見た社員たちは驚きます。
しかし、社長がここまで頑張ってくれたなら自分たちもと、逆に男たちの士気を上げる結果となりました。

ついに東京組の出発の日がやって来ました。そして、東京についた真一たちは、直ぐに仕事に取り掛かりました。頼み込んで目立つ所にダネイホンの看板を貼ります。
そして、試食販売で好評を得たダネイホンは、東京でも注目される存在になったのです。
その結果10ケースがすぐに売れました。そして、真一から、大手のデバート「白松屋」がダネイホンを扱ってくれるというニュースも入ります。
白松屋は有名店で、そこで取り扱いが始まれば、すぐにダネイホンが日本中に知れ渡ることになるのです。

一方、東京と大阪での遠距離恋愛が始まったタカと神部はお互いに不安な気持ちでいっぱいでした…。

福子は「世の中の人々を幸せにしたい」という萬平の夢が、少しずつ現実になっていることを実感し、嬉しい思い出いっぱいでした。
しかし、萬平はそれは自分だけの夢ではなく、福子と自分の夢だと言いました。
嬉しくなった福子は、思わずダネイホンづくりの手伝いを始めました…!

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of