ドラマ

下町ロケット 第9話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

アグリジャパンで醜態を晒してしまったアルファ1によって帝国重工の信頼は地の底に落ちてしまいました。的場と奥沢は脱輪の原因を野木に押し付けようとしていました。そこで佃はある提案をするのでした。

ドラマ 下町ロケット 第9話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年12月09日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

下町ロケット 第9話のあらすじ・見どころ

帝国重工が開発した無人農業ロボットアルファ1はアグリジャパンで醜態を晒してしまいました。帝国重工の信頼は地の底に落ちてしまうのでした。的場と奥沢はその原因を野木が開発した自動走行制御システムに問題があったと結論づけます。そして野木に開発コードを教えて欲しいと言ってくるのでした。

佃は野木からその話を聞いて、アルファ1の脱輪の原因を調べ始めました。すると自動走行制御システムではなく帝国重工のトランスミッションに原因があることがわかりました。そして佃は財前にあることを依頼します。それは野木のシステムを佃製作所のトラクターに搭載してアグリジャパンと同様の走行システムを行うというものでした。

藤間社長の同意の元、走行システムの検証テストが行われることになりました。その結果やはり帝国重工のトランスミッションに原因があることがわかりました。しかし、状況が違うということで的場や奥沢は自分たちの非を認めませんでした。そこへ藤間社長が現れ、自社の製品の欠陥を認めて野木に謝罪をするのでした。

藤間社長は帝国重工の信頼を取り戻すために、他社に委託してでもアルファ1を開発するように命じました。そこで財前は佃にエンジンとトランスミッションを供給して欲しいと頼むのでした。佃は前回のこともありすぐに返事ができないでいました。

一方、帝国重工と佃製作所はそれぞれ新しいバルブの開発に力を注いでいました。そしてバルブシステムの重要な評価基準となる、バルブ性能試験の日を迎えます。その結果、佃製作所のバルブが全ての数値で帝国重工のバルブを上回り、採用されることが決まりました。利菜はその結果にショックを受けますが、改めて佃製作所のすごさを実感するのでした。

財前の依頼に悩んだ佃は殿村に電話をします。殿村から、自分が買うなら品質が保証されている佃製作所のトラクターだと聞いて佃は決意を固めるのでした。

佃は殿村の言葉を聞いて、おそらく帝国重工に協力することを決めたと思います。佃製作所の開発力に期待したいです。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of