ドラマ

ハラスメントゲーム 第6話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

テレビ東京で放送中の経済ドラマ第3弾で、「ハラスメント」を題材にしたドラマです。唐沢寿明主演で、脇役に広瀬アリス、滝藤賢一、高嶋政宏など豪華俳優陣が出演しています。1話完結のため、物語も分かりやすく、見やすいです。第6話は、「リストラハラスメント」がテーマです。

ドラマ ハラスメントゲーム 第6話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
Paravi
本ページの情報は、2018年12月08日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

ハラスメントゲーム 第6話のあらすじ・見どころ

役員会で、秋津(唐沢寿明)が水谷取締役(佐野史郎)をパワハラで訴えたと議題に上がります。水谷はその場で否定し、コンプライアンス室の聴取に対しても否定します。そんな時、人事の小泉がコンプライアンス室に入ります。大規模なリストラを断行する方針が決まり、候補者リストに以前の上司である浅村(杉本哲太)が含まれていたのです。秋津は、早速行動に移します。

 秋津は、退職金の上積みで交渉するように小泉に提案しますが、浅村は「お金では動かない」と話に応じようともしません。実は小泉は、子会社であるマルオー物流への出向を提示し、自主退職を促す狙いがあったのです。しかし、外国人が多い職場のため、外国語ができないといけない職場に追いやるという酷な宣告でもあったのです。秋津はさらにある提案をします。浅村を直接、出向先のマルオー物流に連れていくというものです。

 しかし、ここである事件が起きます。感情的に小泉が嫌がる浅村にまくし立ててしまったのです。これでは、リスハラと受け取られかねません。そこで、秋津は小泉に自分が地方店に飛ばされた経験やその時の心情を交えて、諭すように語ります。そして、秋津は小泉と浅村を向かい合わせ、率直に本音で伝えるようにうながします。

 一方、水谷を訴えたパワハラの事案について、秋津は証拠がないため決定打に欠けます。そんな中、役員担当秘書の小松(市川由衣)が役員室の外にいたことから秋津と水谷の会話を聞いていた可能性が出てきます。ある夜、秋津は小松に呼び出され、証言できないことを告げられます。

 ゲスト出演者は杉本哲太と石井正則です。杉本哲太は、テレビ東京のドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」のナレーションですっかりお馴染みです。また、本時間枠のドラマ第1弾「ヘッドハンター」に出演していました。つまり、テレビ東京の経済番組の出演経験が豊富なのです。また、石井正則は三谷幸喜のドラマ「古畑任三郎」や映画「有頂天ホテル」などに出演し、その独特のキャラクターが印象に残っています。石井正則も、ドラマ第2弾「ラストチャンス」に出演していました。つまり、杉本哲太も石井正則も本ドラマ枠には出演済みということなのです。本ドラマと合わせて、過去の作品と見比べてみると楽しいでしょう。

 

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of