ドラマ

SUITS 第1話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

シニアパートナーへの昇格の条件としてアソシエイトを雇うことにした甲斐は大貴と出会います。完全記憶能力を持つ大貴に興味を持った甲斐は、弁護士資格がないことを知りながらアソシエイトに採用してしまうのでした。

ドラマ SUITS 第1話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月29日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

SUITS 第1話のあらすじ・見どころ

「幸村・上杉法律事務所」に所属する甲斐は敏腕弁護士と呼ばれ、勝利のために違法行為ぎりぎりの手段を取ることもありました。事務所の稼ぎ頭である甲斐は、出資者としての地位を持ち経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていました。上司のチカから昇格の条件としてアソシエイトを雇うように命じられ、甲斐は新人採用の面接行うことにしました。

ホテルで開かれたその面接に偶然大貴がやってきました。大貴は優れた記憶力を持ちながらも定職に就かず、その日暮らしのフリーター生活を送っていました。大貴は知らないうちに運び屋をやらされていたのです。親友から預かったアタッシュケースに大金が入っていることに気づき、自分が犯罪行為に加担しそうになっていることを知ります。大貴は偶然逃げ込んだ先が面接会場でした。

甲斐は大貴が六法全書を2回読んだだけで句読点まで全て暗記していることに驚き隠せないでいました。そんな大貴に興味を持った甲斐はアソシエイトとして採用することに決めました。しかし、大貴には弁護士資格がありません。そこで甲斐は大輔という人物に成りすますように大貴に指示します。大輔はハーバード大学のロースクールを出て弁護士になったにもかかわらず、そのキャリアを捨てて企業家に転身していました。大貴は大輔に関する資料をすべて暗記し、完璧に大輔に成りすましました。晴れて大貴はアソシエイトとして弁護士事務所で働くことになりました。

アメリカで大ヒットしたドラマということで楽しみにしていました。実際観てみると、甲斐を演じる織田裕二さんはハマり役だと感じました。セリフの言い回しなどアメリカのドラマに寄せている感じがありますが、それはそれで面白いです。大貴の優れた能力には驚かされました。明晰な頭脳を持ちながらも今までフリーター生活を送っていたのはもったいないの一言です。大貴がこれからアソシエイトとしてどのような活躍をしていくのか楽しみです。甲斐との掛け合いにも注目です。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of