ドラマ

僕らは奇跡でできている 第8話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

「僕は山田さんから生まれたんですよね?」一輝はずっと気になっていたことを山田に質問しました。家政婦として接していこうと決めていた山田でしたが、その言葉を聞いて一輝に真実を話すことにしました。

ドラマ 僕らは奇跡でできている 第8話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月28日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

僕らは奇跡でできている 第8話のあらすじ・見どころ

一輝は突然山田に「僕は山田さんから生まれたんですよね?」と尋ねて山田を驚かせます。一輝は戸籍を取り寄せた時に山田が母親であることに気づいたと言うのです。山田に確認しようとしたがなかなか聞くタイミングがなかったと言って、一輝は部屋に戻ってしまいました。

それ以来二人の関係はギクシャクしていました。悩んだ一輝は育実に家族と仲直りする方法を尋ねます。事情を知らない育実は「普通にしていれば自然と元に戻る」と話しますが、一輝にはその普通がわかりませんでした。

山田は自分が家政婦として働いてきた理由を一輝に話すことにしました。山田は一輝の個性を欠点だと思い込んで、その欠点を直そうと頑張って来たと言うのです。みんなと同じことが出来るようにと必死になればなるほど一輝を苦しめていました。そして一輝が4歳の時に家を出てしまったと言うのです。一輝が15歳の時に祖父に偶然再会して、それからは母親としてではなく家政婦として家に戻ることに決めました。それが自分に与えた罰でした。一輝は山田の話を黙って聞いた後、部屋に戻って行きました。

翌日、一輝は祖父の元を訪れます。自分が4歳頃の話を聞いて、山田がタコを買いに行ってそのまま帰ってこなかったことを思い出しました。なぜ山田が11年後に戻ってきたのか祖父に尋ねると、一輝とまた一緒に暮らすのに11年必要だったのだと祖父は答えるのでした。

祖父と話した一輝はどこかスッキリとしていました。そして山田と食事をしている時に、「山田さんから生まれてきて良かった」と伝えます。ありがとうと感謝する一輝を山田は涙を浮かべて見つめていました。

一輝は山田が母親であることを知りながらずっと気づかないふりをしていたのかと思うと切なくなりました。二人の関係がギクシャクしてしまってこれからどうなるか心配でしたが、元の関係に戻って安心しました。これからも山田には一輝のことを時に優しく時に厳しく見守って欲しいです。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of