ドラマ

下町ロケット 第7話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

無人農業ロボットの開発に協力することを決めた佃製作所ですが、財前から契約の打ち切りを言い渡されてしまいます。そこで佃は独自に無人農業ロボットを開発することに決めました。ですがこの新事業には帝国重工の他にもライバルがいたのです。

ドラマ 下町ロケット 第7話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月25日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

下町ロケット 第7話のあらすじ・見どころ

財前の考えた無人農業ロボットの開発に協力することを決めた佃製作所ですが、責任者が的場にかわったことで契約を打ち切られてしまいます。財前から契約打ち切りを聞かされて驚きを隠せないでいる佃らに、財前はさらに野木の説得をして欲しいと言ってくるのでした。野木は佃製作所が参加しないのであれば、自分もこのプロジェクトを降りると言っているとのことでした。都合の良いことばかり言う財前に怒りを覚えた佃は、財前を追い返すのでした。

佃が電話で殿村と話していると、殿村は財前から手紙をもらったと言うのです。そこには財前の強い思いが込められていました。財前が日本の農業の発展のために頑張っていることを知って佃は財前に協力することにしました。さらに佃製作所は野木と協力して独自に無人農業ロボットの開発を行うことも決めました。

佃らが野木の元を訪れると、そこに帝国重工の奥沢もやってきました。財前がプロジェクトを降ろされた後、奥沢が新たな担当者になっていました。しかし、奥沢の下請けを馬鹿にするような発言に怒りを覚えた野木は、財前を通してではないと話をしないと奥沢に言い放つのでした。

帝国重工は新事業の発表会見を行いましたが、翌日の新聞には小さく記事が載るだけでした。佃が不思議に思っているとテレビで無人トラクターの特集が流れているのを目にします。ダーウィンと名付けられたそのトラクターを開発したのは重田ら下町の中小企業でした。さらにそれは野木からデータを盗んだキーシンが協力して完成したものだったのです。それを見た佃らは驚きを隠せないでいました。

佃製作所はまたしても帝国重工に裏切られてしまいました。はじめは財前に対して怒りを覚える佃でしたが、殿村と話すうちに財前の目指しているものを理解することになります。日本の農業の発展のために頑張っている財前は素晴らしいです。佃や野木も同じ志を持っていて、彼らが協力すれば日本の農業は大きく発展すると思いました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of