ドラマ

僕らは奇跡でできている 第7話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

虹一は母親の元に帰りたくなくて一輝の家に泊まることにしました。一輝にもう息子と会わないで欲しいと言う母親に対して、一輝は自分の幼少時代の話を始めるのでした。さらに一輝は山田に今まで気になっていたことを尋ねます。それは衝撃的な言葉でした。

ドラマ 僕らは奇跡でできている 第7話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月20日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

僕らは奇跡でできている 第7話のあらすじ・見どころ

虹一は学校を休んで一輝の元を訪れました。家に帰りたくないと言う虹一を一輝は自宅に招き入れました。虹一を家に泊めることにした一輝は虹一の母親に事情を説明しますが、母親は連れて帰るの一点張りで虹一は一輝の部屋に閉じこもってしまいました。母親は諦めて翌日迎えに来ると言って一輝の自宅をあとにしました。その場に一緒にいた育実は翌日も同行したいと母親に申し出ます。一輝がどういうつもりでそんな行動をとるのか、理由が知りたいと言うのです。

翌日、一輝と虹一は森にリスを見に行きました。家に帰ると虹一の母親が迎えに来ていて、もう虹一と会わないで欲しいと一輝に告げます。虹一は学校でも悪目立ちしていて母親は手を焼いていました。そこで一輝は自分の過去を話し出しました。一輝は子供の頃、人と同じようにできなくて先生から怒られてばかりだったと言うのです。しかし、理科が大好きでそのことでみんなにすごいと褒められて嬉しかったと。しかし、次第にそのすごいという言葉にプレッシャーを感じるようになってしまいます。そんな時に祖父からやりたくないならやらなければいいと言われて気持ちが楽になったと言うのです。それを聞いて母親は何か感じ取ったようでした。そして虹一は目の検査をしました。すると文字を読んで頭痛がするのは光に対する感受性が強いからだとわかり、母親は虹一のことをわかってあげられなかったと反省して涙を流すのでした。

一輝はある思いをずっと抱えていましたが、ついに山田にその疑問を投げかけました。山田に「僕は山田さんから産まれたんですよね?」と。それを聞いて山田は驚くのでした。

一輝は幼少時代の自分と虹一を重ねていたのかもしれません。一輝に出会えたことは虹一とその母親にとってとても大きな事だったと思います。それにしても最後の一輝の衝撃的なひと言が気になります。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of