まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中

まんぷく 第39話 (11/14放送)の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

今や私たちの生活に欠かせない『インスタントラーメン』を発明した夫婦の物語です。大変な塩作りのしごとに皆ストレスを抱えていました。そんな様子を見た福子たちが開催した慰労会は大成功。元気を取り戻し、また仕事再開です!そこへ一本の電話がかかってきます。

まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中 まんぷく 第39話 (11/14放送)が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2018年11月14日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

まんぷく 第39話 (11/14放送)のあらすじ・見どころ

福子たちの会社に電話をかけてきたのは世良でした。
世良はいつものように「いい話がある」といって萬平の作った塩を闇市で販売することを提案しました。そのほうが、少し位茶色い塩が混ざっていようと、専売局を通すよりずっと高く売れるというのです。しかし、今の萬平にとって重要なことはお金を稼ぐことよりも、専売局が最上級と認めてくれる塩を作ることでした。
萬平は世良の誘いを断り電話を切ります。

上質な塩を作るということで、その日から仕事は一層大変なものになっていきました。
純度の高い塩を作るためには時間も手間もかかりますが、出来上がる塩の量は変わらず少ないままでした。家計も厳しくなっていき、昼ごはんのおかずも少なくなっていきます。
塩軍団の男たちは、仕事の後に海へ釣りに行こうと決めました。

仕事終わり、萬平は出来上がった塩とにらめっこしています。
まだまだ納品できる量にはなっていません。
それを見つけた福子は、お金は自分が用意するので萬平には納得いくまで好きなことを続けてほしいと励ましの言葉をかけました。

塩軍団の男たちは釣りへ出かけました。
口々に仕事に対する文句ばかり出るなか、神部が自分が萬平たちの家に泥棒に入った過去があり、萬平には恩義があることを明かします。
すると、男たちも次々と口を開き、自分の過去や仕事に就けなかったときのことを喋り始めました。
夕飯は塩軍団が釣ってきた立派な鯛のお刺身です。
寿司屋で修行していたことがある「赤津」が綺麗に捌いてくれました。
料理ができるということで、赤津は鈴の手助けをしぶしぶ引き受けることになります。

福子はこれが最後と言いながら、何度もハナの家にお金を借りに行っていました。
そして遂にハナの旦那さまからも「これが最後にはなりませんね」と指摘を受けてしまいます。ハナ夫婦の言うことは間違っていません。
萬平は職人であるがゆえ、社長職の兼任は難しいというのです。
そのためには福子がきちんと支えてあげる必要があると言われてしまいます…。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of