ドラマ

バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~第6話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

「七人の侍」のリメイクドラマに出演する6人のバイプレイヤーズは、絆を深めるために3カ月間、共同生活を送ることになりました。しかし裏の目的は昔のフィルムを盗んだ犯人捜し!『バイプレイヤーズ』の企画がパクられていることが発覚したのです。一体6人のうち、誰が10年前の作品を売ったのでしょう?どうなるバイプレイヤーズ!?

ドラマ バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~第6話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月11日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~第6話のあらすじ・見どころ

ミュージックビデオの撮影を終えた6人は、久しぶりの全員共演がとても楽しかったようです。リビングで6人が輪になって、それぞれの肩をモミモミ…絆が感じられる光景です。

結局、松重さんもフィルムを盗んだ犯人ではありませんでした。

大杉さんが監視カメラをつけてまで犯人捜しをしたのには深い理由がありました。大杉さんがカバンの中から取り出したのは1冊の企画書でした。そこには『大型スペシャルドラマ バイプレイヤーズ』の言葉が…。6人の作品は誰かの手によってパクられていたのです

「無くしただけじゃないの~?漣さんが」と寺島さん。「最近もの忘れ激しいし」と追撃の遠藤さん。「絆、絆といって、絆壊しているの漣さんだからね~」とトドメの松重さん!大杉さんは、まだ5人のことを疑っている様子…。いつまでも疑惑の目を向けられたくない5人は企画書の出どころを大杉さんに聞きます。「あぁ、テレ東」と大杉さんが答えると、5人は一気に気が抜けて「っつぁ~!なんだよ、テレ東かよ~!笑」と大笑い。(ちなみにこのドラマはテレ東の)テレ東は聞けばポロっと言ってくれるから、企画書持ち込んだ人を、直接聞いてみればいい、との情報が。パクったやつをシェアハウスに呼んで締め上げる!と豪語する大杉さん。案の定、テレ東プロデューサー、保呂利雄三(ぽろり ゆうぞう)は簡単に企画の脚本を書いた人物の名前を教えてくれました。

その人物は…竹中直人さん!?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of