ドラマ

結婚相手は抽選で 第6話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

龍彦は北風からゲイだと告白されて驚きますが、抽選見合い結婚法で傷ついている人が沢山いることを実感します。そして改定案の上申書を作ることにしました。失った正義を取り戻すために龍彦がついに動き出しました。

ドラマ 結婚相手は抽選で 第6話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月11日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

結婚相手は抽選で 第6話のあらすじ・見どころ

龍彦は友人の北風からゲイだと告白されて驚きますが、抽選見合い結婚法で傷ついている人が沢山いることを知って、改定案の上申書を作ることを決意します。そしてその上申書をフリージャーナリストのひかりに見てもらうことにしました。
話していくうちにひかりは、龍彦が自分がコメントをしたブログを書いている人物であることに気づきます。そして龍彦は奈々とのことをひかりに話します。ひかりから勇気をもらった龍彦は奈々に連絡をすることにしました。
龍彦は奈々と居酒屋で会うことになりました。龍彦は奈々に会うと潔癖症が気にならなくなり、奈々も龍彦に会うと自分の素直な気持ちを告白することができました。お互いに素の自分を見せることができる良い関係になっていました。しかし、奈々はこのままの自分では結婚できないと涙します。そして龍彦からこのお見合いを断って欲しいと告げるのでした。
一方、ひかりは龍彦の作った上申書を持って大臣に会いに行きます。大臣はひかりに「久しぶり」と声をかけます。ひかりは大臣の娘だったのです。
龍彦は北風からゲイだと告白されたことで、失った正義を取り戻そうとしていました。龍彦の上申書が抽選見合い結婚法にどのような効果をもたらすのか気になります。また、龍彦と奈々との関係にも注目していきたいです。
この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of