ドラマ

下町ロケット 第4話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

ギアゴーストの伊丹と島津は、弁護士の神谷から社内に内通者がいると聞かされて困惑します。信じたくない伊丹ですが、神谷から思わぬ人物が内通者であることを聞かされてしまうのでした。

ドラマ 下町ロケット 第4話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月06日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

下町ロケット 第4話のあらすじ・見どころ

ギアゴーストの伊丹と島津は弁護士の神谷からギアゴーストの開発情報が外部に漏れていると指摘されます。社内に内通者がいると指摘された伊丹と島津は困惑します。そして神谷から思わぬ人物が内通者であることを聞かされます。

それは何と顧問弁護士の末長だったのです!驚きを隠せない伊丹と島津ですが、次第に末長が内通者であることを実感することになります。そして末長を解雇し、神谷に特許侵害の訴訟弁護をお願いすることにしました。そんな中、伊丹はギアゴーストを買収したいという人物がいることを聞かされて島津にも黙ったまま会うことにしました。従業員の雇用保障はしないと言われて一度は断る島津ですが、まだ悩んでいるようでした。

一方、倒れた父親の代わりに実家の農作業を手伝っていた殿村が父親の米作りに対する情熱、想いを強く感じ佃製作所を退職するという大きな決断をしました。佃も殿村の気持ちを理解して快く受け入れました。

佃という夢を諦めない社長のもとで働いていたからこそ、殿村は大きな決断をすることが出来たのだと思います。佃が悩んでいた時に殿村が背中を押したように、今度は佃が殿村の背中を押しました。二人の関係は単なる社長と部下という関係では収めることができない、大きな絆で結ばれていると感じました。

 

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of