まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中

まんぷく 第31話 (11/5放送)の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

今や私たちの生活に欠かせない『インスタントラーメン』を発明した夫婦の物語です。
福子と萬平は、世良から紹介してもらった泉大津の物件へ鈴と神部を連れて移住することを決意します。
皆で助け合い、つらい時期を乗り切ってきた福子達の新しい生活が始まります!

まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中 まんぷく 第31話 (11/5放送)が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2018年11月05日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

まんぷく 第31話 (11/5放送)のあらすじ・見どころ

昭和21年5月、福子達の泉大津での生活が始まります。

泉大津は大阪の中心部から20キロほど離れたところにある街です。
そして世良に紹介してもらった倉庫の中には大きな鉄板が81枚ありました。
萬平はこの鉄板をなんとかうまく使えないか、考え始めます。
神部は釣り竿を見つけ、海に釣りに出かけました。

福子達が住む家はどうやら軍人達が使っていた施設だったようです。
1階はおそらく会議室か何かに使われていた広い部屋、そして2階には部屋が3つあります。
鈴は相変わらず文句ばっかりです。
福子は福子でいつもどおり前向きです。窓から見える海を眺めて喜んでいます。

そして、泉大津の地主に嫁いだという福子の親友のハナもさっそく家に訪ねてくるのでした。ハナは畑で取れた野菜や、米を分けてくれます。ハナには2歳になる子供がいました。
鈴はそれを聞くと福子に『早く孫を…』とプレッシャーを与えるのです。

所変わって、克子の家では忠彦が青の色使いを基調とした新しいスタイルの絵を完成させていました。

神部の釣りの成果は不漁…。結局食卓には小さい焼き魚が1匹並んだだけでした…。
萬平は相変わらず鉄板の用途を考えていました。福子はそんな萬平を夜の海へ誘い出しました。萬平は鈴の心配をわかっているだけに生活に目処が立たないことに申し訳なく思っているようです。しかし、福子は新しい生活と、萬平のこれからの行動に期待を隠せません。
そして福子は思い切って自分達のこれからと、子供のことについても萬平に打ち明けるのでした。

ある日、福子達4人はラーメン屋『清香軒』でお昼ご飯を食べていました。
ラーメンはいつ食べても美味しいのですが、鈴が言う通り塩気が少し足りないようです。
ラーメン屋の店主と女将は困っていました。
戦争で塩が足りなくなり、今は闇市で高額少量の塩しか手に入れることができないのです。

そこで萬平が思いつきます!

倉庫には81枚の鉄板、家の目の前は海…!

その鉄板で塩を作ることを思いつき、立ち上がるのでした。
そして早速神部を連れて、塩作りで有名な兵庫県の赤穂へ勉強に向かうことに決めました。
福子は萬平がまた面白いことを始めると思うと、わくわくした表情を浮かべるのでした…。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of