ドラマ

SUITS 第3話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

老舗時計メーカーのKAMIYAは先代の社長が亡くなったことで社内派閥が出来てしまいます。さらには顧問弁護士である甲斐を降ろそうという動きまで出てきます。
ピンチを迎えた甲斐ですが、そんな中ある秘策を思いつきます。

ドラマ SUITS 第3話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年10月29日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

SUITS 第3話のあらすじ・見どころ

老舗時計メーカーであるKAMIYAの社長が急死したことで、取締役の安樂が社長になることが規定路線となっていました。しかし、安樂は先代の社長が反対していた海外への進出を目論んでいました。

顧問弁護士である甲斐は他の人物を社長に就任させようと、工場長の岡林に白羽の矢をたてます。しかし、安樂は蟹江を新しい顧問弁護士に推薦しさらに臨時株主総会を開いて自身の社長就任を決定してしまいます。

甲斐は世界的なゲームメーカーBPMのCEOである藤ヶ谷が事務所に顧問弁護士の依頼をしてきたことに目をつけます。そして藤ヶ谷にKAMIYAの買収話を持ちかけます。元々KAMIYAのコレクター出会った藤ヶ谷はこの話に興味を持ちます。

役員会に乗り込んだ甲斐は静佳がKAMIYAの買収話に応じる意向であること、藤ヶ谷はマニファクチュールを継続できる人を次期社長にしてほしいと望んでいることを伝えます。そして次期社長に岡林を推薦します。

安樂らは何も反論できずに無事に岡林の社長就任が決まり、先代の社長の思いを継ぐことが出来ました。

甲斐の考えることは他の弁護士では思いつかないことばかりでさすがだと思いました。今回のKAMIYAの件も甲斐が顧問弁護士を務めていなければ安楽の社長が決まってしまったと思います。大貴も甲斐の無理な要求に応えてこの成功に一役買っていました。甲斐はそんな大貴のことを認め始めているように感じました。これから甲斐と大貴は良きパートナーになりそうな予感がします。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of