まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中

まんぷく 第21話 (10/24放送)の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

今や私たちの生活に欠かせない『インスタントラーメン』を発明した夫婦の物語です。
昭和20年、大阪にも空襲があり遂に疎開を決めた福子達。
萬平の親戚のいる兵庫県の上郡(かみごおり)という町での疎開生活が始まります。

まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中 まんぷく 第21話 (10/24放送)が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2018年10月25日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

まんぷく 第21話 (10/24放送)のあらすじ・見どころ

田舎へ向かう汽車の中は、福子達と同じく疎開先へ向かう人々ですし詰め状態でした。

上郡に辿り着き、萬平の親戚の家はさらに山を越えたところにあります。
身体の弱い萬平と老体(失礼!)の鈴を気遣い、福子は全員分の荷物を持ち歩き続けるのでした。

辿り着いたのは萬平のはとこの井坂八重(竹内都子)とその夫権三(石井洋祐)の自宅でした。
福子達3人は敷地内にある古い家屋に住むことになります。
家の中には囲炉裏があり、とても古い造りになっているのですが、八重が奇麗に掃除をしてくれていたので住むには困らなさそうです。

しかし鈴が大変なことに気づきます。

その古い家には電気が通っていないのです…!

翌日福子と萬平は村の役場へ挨拶に行きます。
福子は真っ先に病院の場所を聞き、どんな時でも萬平の身体を一番に考えているのでした。

家の電気のことは役場の人間に聞いてもどうにもならなかったため、
ご近所に挨拶回りをするついでに萬平は電球など余っているものが無いかを訪ねるのでした。

疎開先での夕食は都会よりも豪華です。
空襲の被害が多い都会に比べて田舎の方が食料に困っておらず、良いものが食べられたのかもしれません。

そして福子達が料理を終えるころには、萬平がかき集めてきた材料を使い、自力で家に電気を通したのです!

久々の明るい夕食の時間です。
相変わらず鈴と萬平の気は合わないようですが、3人の会話は何となく楽しそうです。

さて、これからの生活、うまくやっていけるのでしょうか?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of