まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中

まんぷく 第20話 (10/23放送)の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

今や私たちの生活に欠かせない『インスタントラーメン』を発明した夫婦の物語です。
昭和19年、日本の戦況がだんだんと悪くなり人々にも不安が押し寄せます。
北九州の空襲を受けて、福子達の心境にも動きがあったようです…。

まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中 まんぷく 第20話 (10/23放送)が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2018年10月24日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

まんぷく 第20話 (10/23放送)のあらすじ・見どころ

大阪にもいつ空襲がやってくるかわからない状況になり、次女の克子(松下奈緒)は、
幼い子供達4人を連れて疎開をすることにしました。

鈴の二人への風当たりは相変わらず強いのですが、福子は、今は萬平の身体が良くなることが一番と考え、優しく気遣います。

秋になり、東京で空襲があったことが報じられ、大阪の人々も不安に駆られます。
そして、福子の親友のハナ(呉城久美)と敏子(松井玲奈)も疎開をすることを決めていました。
三人で食べていた橋の下のラーメン屋台も今はありません。
戦争が終わり無事に再会し、またラーメンを食べることを誓い別れます。

友人たちの疎開もあり、福子の心も揺れ動きます。
そんな時、亡くなった姉の咲(内田有紀)が福子の夢枕に立ち、萬平と鈴を連れて疎開しなさいと強く伝えるのでした。
福子は鈴に夢での出来事を伝えに行き『疎開をするべきだ』と説得しますが、鈴は家を守ると言い張り疎開に反対します。

しかし昭和20年1月に大阪に初めて空襲があり、3月にはアメリカ軍が飛行機からビラを撒くという出来事がありました。
飛行機から撒かれたビラには『無益な戦争に結末をつけるために幾度となく爆撃する』と書かれていました。
鈴もやっと疎開をする覚悟を決めたようです。

福子達が旅立った3日後に大阪に大空襲がありました。

疎開先での生活はどうなるのでしょうか…?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of