ドラマ

ハラスメントゲーム 第3話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

テレビ東京で放送中の経済ドラマ第3弾で、「ハラスメント」を題材にしたドラマです。唐沢寿明主演で、脇役に広瀬アリス、滝藤賢一、高嶋政宏など豪華俳優陣が出演しています。1話完結のため、物語も分かりやすく、見やすいです。第3話では、「パタハラ」がテーマです。

ドラマ ハラスメントゲーム 第3話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
Paravi
本ページの情報は、2018年11月09日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

ハラスメントゲーム 第3話のあらすじ・見どころ

コンプライアンス室に相談が入ります。商品開発部の社員である斎藤工演じる徳永からで、周囲からパタハラを受けているという訴えでした。パタハラとは、育児制度を利用している男性が職場や周囲から嫌がらせを受けることです。育児制度の拡充を図るため、男性社員にも育児のための「イクメン時短」を取得することを社長自ら奨励していました。そんな矢先での社員からのパタハラの相談です。早速、秋津は行動をとります。

 

徳永に対する商品開発部の評判は悪く、秋津は徳永に他部署への異動を提案します。徳永の自宅を訪れた際、秋津はあることに気づきます。実は、徳永は会社にイクメン時短制度を利用している傍らで動画配信の副業をしていたのです。明らかに服務規程違反です。秋津は徳永にチャンスを与え、副業を辞めるように言います。しかし、徳永の裏の顔を知ることになるのです。役員会に呼ばれた秋津は、その場で「イクメン時短」の問題点と改善点を述べます。

 

第3話のゲスト出演者は、斎藤工である。俳優として活躍する一方で、映画監督や映画評論家としての一面も持っています。監督代表作は、「blank13」です。本ドラマでは、二面性のある人物を好演しています。マルチに活躍する斎藤工の演技と存在感は必見の価値があります。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x