ドラマ

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第45話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

2019年放送の大河ドラマです。主演は中村勘九郎と阿部サダヲで、脚本は宮藤官九郎です。1964年に行われた東京オリンピックへの軌跡を人間模様を通して描きます。第2部は、阿部サダヲ演じる田畑政治を軸に描かれます。第45話は、「東洋の魔女」が再始動します。

ドラマ いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第45話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2019年12月08日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第45話のあらすじ・見どころ

事務総長を解任された田畑は、毎日をただぼんやりと過ごしていました。しかし、オリンピックへのレールを敷いたという自負があります。そんな時、かつての仲間たちが田畑の家を訪れました。自然にオリンピックの話を始めました。田畑の家での会合がいつしか「裏組織員会」となっていきました。

岩田は田畑の娘を見て、スカウトします。それはオリンピックで各国をエスコートするコンパニオンです。容姿もさることながら、語学力も堪能でなければなりません。後日、コンパオンの面接をした際、ある人物が紛れこんでいました。彼は聖火ランナーの志望で会場に来ていたのです。しかし、趣旨が違うことを告げると田畑にこれを渡してほしいとあるものを手渡します。それを田畑が広げると、日本地図でした。何と今まで走ってきた足跡だったのです。そして、彼こそが金栗四三だったのです。これに着想を得た田畑は、聖火リレーを日本全国で行うことを提案します。沖縄で聖火を4分割し、それぞれのコースを辿り、皇居前で一つにしてから聖火台に持っていくのです。最終ランナーは金栗四三かと思いきや田畑は未来のある若者にするとしました。

一方、鬼の大松こと大松博文は、監督を辞任していました。宿敵・ソ連を打ち破り世界一となりました。しかし、世間からのプレッシャーもすさまじく、続ける気力がありませんでした。田畑が大松を奮い立たせるため、自らレシーブで受けようとしますが、全然できません。見かねた部員たちも体育館に集まります。しかし、大松が思っているよりも部員たちは、苦しくはなくむしろバレーボールをしている時が青春だったのです。大松は決意します。「俺について来い」と言うと、部員たちの心が一つになり、「はい!」と返事をしたのです。「東洋の魔女」が再始動をします。

組織委員会は、オリンピック開会式で皆がアッと驚くことを考えていました。そこで航空自衛隊のブルーインパルスに飛行を依頼をしました。しかし、隊員たちはただ飛行するだけではおもしろくありません。そこで、五つの輪を大空に描くといいました。

果たして、どのような輪が描かれるのでしょうか?

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x