アニメ

3月のライオン 20話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

零はA級の島田と対局出来るのは、とても勉強になるが、自分は何か返せているのか?と聞きます。島田は零の視点が宗谷に似ていると話します。オールラウンダーなところも似ているので、勉強になると言います。但し、宗谷は天才であり、天才は得てして努力を怠らないと言います。

アニメ 3月のライオン 20話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月17日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

3月のライオン 20話のあらすじ・見どころ

島田は農作業をしています。妻に子供、暖かい家庭があり、島田は「すみません。期待に応えられなくて」と謝ります。「いいんだよ、どんな人生でも精一杯生きていれば」…という夢で目覚めます。

獅子王戦第四局二日目です。島田が積極的にポイントを稼ぎ、そのまま封じ手となります。零が食事をとろうとした時、二海堂から電話があり対局後の島田の事を頼まれます。正立会人である辻井がインフルエンザであることがバレ、副立会人のスミスが正立会人になります。そして零が急遽大盤解説を務めることになります。

島田はみぞおちに痛みを感じながら、無謀とも思える攻め手に出ます。攻めて攻めて控え室もざわつきますが、宗谷があっさりとしのぎ、反撃を始めます。大盤解説の藤本棋竜は「勝負あった」と控え室に向かってしまいます。零にはまだ「生きている」ように見える盤面です。駒を一つ動かし、急いで控え室に走ります。

島田は投了してしまいました。「気づかなかったね」と宗谷がさしたのは、零が動かした駒と同じ一手でした。その一手で形勢が逆転したのです。「君は僕を信用し過ぎだ。美しかったのに」と宗谷は呟きます。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x