アニメ

3月のライオン 16話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

三日月堂ではおじいちゃんが「恥ずかしくてこられねぇよなぁ」と言います。ひなちゃんは「そんな格好悪いことかな?気にすることないのに」と言います。おじいちゃんは「恥かいてなんぼだ。失敗したってことは、挑戦したってことだからな」「仕事でかいた恥は、仕事で取り返すしかねぇ」と言います。

アニメ 3月のライオン 16話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月16日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

3月のライオン 16話のあらすじ・見どころ

林田先生の計算ミスで出席日数の足りない零は、穴埋めのためのレポートに勤しんでいましたが、実験だけが出来ずにいました。そこで「放課後理科クラブ(通称・放科部)」に向かいます。林田先生は部長である野口に実験を見せてもらえないかと、頼み、手伝ってもらえることになります。帰り道林田先生は「誰かに頼ることは必要だ。頼った分だけ回りもお前を頼る事が出来る」と話します。

その足で後藤と島田の最終対局に向かいます。勝ったのは島田でした。対局直後、勝った方は体力を激しく消耗します。そこに山形ジャーナルの記者が来ます。「地元の期待の星なんだから」と言われて、取材を受けます。それを見ていた零は意を決して「研究会に…」と言ったと同時に島田も「研究会に入らないか」と言います。

零は島田の自宅である研究会に向かいます。二海堂の他、重田がいて紹介されます。研究会では4~5人のプロ棋士が集まり、短い持ち時間で1日数局さします。その検討・反省を行い自分以外の目を通して、違う道を探る場です。ただ、白熱し過ぎて島田の胃が激しく痛み、解散となります。帰り道、島田の体調を心配しながらも、二海堂と零は再び将棋議論をかわすのでした。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x