アニメ

進撃の巨人 4話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

「ベルトの調整からやってみろ」というライナーの助言をもらい、翌日エレンは最終チェックを受けます。一瞬、バランスを保てたものの、すぐに姿勢が崩れるのを見ていた教官は、ベルトの交換を命じます。すると、いとも簡単に姿勢を保つ事が出来ます。

アニメ 進撃の巨人 4話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月20日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

進撃の巨人 4話のあらすじ・見どころ

入団から2年後の850年、教官キースの採点式訓練が行われています。キースの採点によると、ライナーは屈強な身体と精神力を持ち、仲間に慕われます。アルミンは体力面で劣りますが、座学ではトップクラスです。アニは斬撃に秀でているものの、孤立気味です。ベルトルトは潜在能力は高いものの、積極性に欠けます。ジャンは立体起動トップクラスです。サシャは型破りな勘の良さがあるが、それゆえに組織行動には向かないのです。コニーは小回りの効く起動を使いますが、頭の回転は遅いです。ミカサはあらゆる科目を完璧にこなし、歴代希に見る逸材です。エレンは特技はないですが努力で成績を伸ばし、人1倍高い目的意識を持ちます。

対人格闘技でアニは「上位10人から内地に勤務出来る。対巨人に強い人間程巨人から離れるなんておかしくないか?」と言われ、エレンはその矛盾に初めて気づきます。

解散式の夜に、駐屯兵団・憲兵団・調査兵団に分かれます。上位10人に入ったエレンは最初から決めていた通り、調査兵団に入ると言うとアルミンやミカサも調査兵団に入ると言います。そして、コニー、トーマス、サシャも調査兵団に入ります。エレンは「勝てる!人類の反撃はこれからだ」と、その時、閃光が走り超大型巨人が現れ壁を破壊されます。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of