アニメ

進撃の巨人 3話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

「通過儀礼」は、それまでの自分を否定し、1度まっさらな状態にしてから兵士を育てる過程で、自己紹介をして罵倒されます。アルミン、ミカサと共に訓練兵となったエレンは、「通過儀礼」を何もせずパスします。2年前の「地獄」を見た者は顔つきが違うのです。

アニメ 進撃の巨人 3話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月20日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

進撃の巨人 3話のあらすじ・見どころ

初日の「通過儀礼」で脱落する者も多く、開拓地行きを希望し馬車で去って行きます。エレンがシガンシナ区出身だと聞き、夕食時、超大型巨人を見たのかと周りを囲まれます。「どのくらい大きいのか?」「壁をまたいだって本当か?」と次々聞かれます。

一瞬、母親の最後を思いだし絶句しますが、実際の巨人なんてたいしたことはない等とエレンは発言してしまいます。それを聞いていた憲兵団志望のジャンは、自分の方が余程正直で爽やかだと言い、喧嘩になりそうになります。

翌日から「姿勢制御訓練」が始まります。これが出来ないと、「立体起動装置」を使いこなすことは出来ないので、開拓地送りにされます。ミカサは簡単にクリア、他の者もクリアする中「資質が圧倒的にない」と言われる程エレンは上体を起こす事が出来ません。夕食時には陰口まで聞こえてきます。

コリーやジャンにコツを聞きますが、教えられることはないと言われます。ライナーとベルトルトにも「ぶら下がるだけ」のことにコツはないと言われますが、ベルトルトは「アレ(巨人)を見ていて、どうして志願したのか?」と聞きます。

ライナーとベルトルトはウォール・マリアの生き残りでした。アルミンは中央政府の出した無茶な「奪還作戦」にじっとしていられなかったと答え、エレンは殺さなきゃならないと思ったと答えます。ライナーは故郷に帰る強い意思があり志願したと言います。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of