アニメ

3月のライオン 21話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

夜のうちに島田と零は京都をたちます。新幹線の中で、島田は疲弊した横顔を見せて寝ています。零はその横顔に、島田の人生を垣間見ます。嵐の中を倒れても倒れても、何度でも立ち上がり進む世界にいる人の顔です。

アニメ 3月のライオン 21話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月17日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

3月のライオン 21話のあらすじ・見どころ

川本姉妹は散り始めの桜を見ながら、お弁当を食べ「零ちゃんは今頃山形かなぁ」と話します。「人間将棋なんて風流よね」と、あかりさん。そうなのです。島田は神宮寺会長に「励ましてもらってこいよ!」と言われて地元に帰って来ているのです。しかも雨男で「人間将棋」なんて野外のイベントには不向きな島田です。

そこに甲冑を着た二海堂が現れます。二海堂と横溝の「人間将棋」対局が、屋内で行われます。「人間将棋」では全ての駒を動かさなければならないルールがあります。二海堂が勝ちます。そして百面指しが始まります。意外と強い天童のお年寄りたち「塩野クラブ」と指すのは嫌だ!と、神宮寺会長は駄々をこね、島田が相手をします。島田の笑顔を見れて、零は安堵します。

三日月堂では春の新作におじぃちゃんが頭を悩ませています。あかりさんやひなちゃんは、夜におじぃちゃんと改めてアイデアを出します。「一つに絞れない!」ことから、ひなちゃんが「ふくふくダルマ」をひらめきます。試作品が出来上がり、ひなちゃんは嬉しくて零に電話をします。

すると、家の前で携帯が鳴ります。ちょうど零がお土産を持って来ていたのです。島田が「お土産に」と地元で渡された物の「お裾分け」を持って来たので、あかりさんが大喜びします。夕食後、みんなで「ふくふくダルマ」を食べます。

 

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of