アニメ

3月のライオン 19話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

ひなちゃんはあかりさんに報告し、安堵しますがあかりさんはその方がマズイと内心思っていました。二人からはほんの少しだって姉弟の匂いがしなかったのです。だから零は家を出たのだろうと思うのです。

アニメ 3月のライオン 19話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月17日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

3月のライオン 19話のあらすじ・見どころ

島田が育った東北の小さな村では、子供も少く遊ぶものがありませんでした。ある冬、近所のお年寄りたちが将棋を教えてくれました。小学3年生の時は町の将棋教室に通うようになりますが、そこでも1番になり東京の奨励会に入ることになります。中学生の島田は月2回東京に通う為に、村中の仕事を手伝いました。周りの応援もあって、夜光バスで奨励会に通い続けました。その頃から、胃の調子はよくありませんでした。

零は春休みということもあり、島田の家に色々買い物をして行き、昼食を作ります。胃の調子が悪い島田を休ませようと、零が帰ろうとするも島田に押しきられて盤に向かいます。宗谷はどんな人なんですか?と零が聞くと「鳥だな」と島田は答えます。

零は島田を一人にするわけにはいかず、第四局が行われる京都に一緒に向かいます。ホテルに着き、夜には「前夜祭」が行われます。島田はにこやかに談笑していますが、昨晩から何も口にしていないのを知っている零は、気が気ではありません。島田は「いい対局を見せるのが一番の務めだが、この場を用意してくれた人たちの前に出るのも、大事な務め」だと言います。その島田は壇上で宗谷に「あとは任せろ」と話しかけられ、そっと会場を後にします。

翌朝、獅子王戦第四局が始まります。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of