アニメ

3月のライオン 14話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

島田は対局前、二海堂に「兄者、桐山の頭をカチ割ってやって下さい」と頼まれていました。熱のある坊(二海堂)に頼まれ、島田はやっかいな事を…と思い返します。初めて島田の顔を見た零に「やれやれ、やっとかよ」と言い、「じゃあ、続けようか」と笑みを見せます。

アニメ 3月のライオン 14話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月16日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

3月のライオン 14話のあらすじ・見どころ

正気にかえった零が見たのは、続けられないほどに悪い盤面です。そして息ができないほどに自分を恥じます。A級棋士を捕まえてサブキャラ扱いをしたのです。激しくうろたえる零に、島田は小さな咳払いをします。零はそれを「落ち着け」と言われていると理解します。必死に手を探すも、何も出来ないままに対局は終わります。

感想戦に入ります。ずいぶん前の手まで戻ります。どの手をさしても、島田はあっさりと覆します。零の完敗でした。恥ずかしくて零は走って将棋会館を後にします。それを見ていた島田にスミスは「経験値不足の若気の至り」だと言います。

そして島田は帰り道、二海堂に電話をします。ネットで見ていた二海堂は島田の勝利を知っていました。「坊(二海堂)の言っていたことがわかったよ」「アイツ面白いな、研究会に誘うかな」と言います。

零は後藤の研究でまともに寝ていなかったため、帰宅してから数日間眠りまくります。そして眠り続ける事が出来なくなった時、脱水症状になっています。水分を摂っても吐いてしまい、回復するのに半日かかります。

他の職業まで考える零ですが、最低でも高卒でなくては職はないと知り学校に向かいます。が、やはり独りで昼食を食べていて、ふと泣いてしまいます。それを林田先生に見られてしまいます。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of