アニメ

3月のライオン 8話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

高橋君が零に聞いたように、いつか誰かに何かを聞くとしたら…零は宗谷名人を思い浮かべていました。高橋君の持ってきたビデオのお陰で(?)零がプロ棋士だとひなちゃんたちにバレますが、何故隠していたのでしょうか?興味を持たないと、思ったのでしょうか?

アニメ 3月のライオン 8話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月15日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

3月のライオン 8話のあらすじ・見どころ

前回の続きで、二海堂の「将棋はじめて絵本」を使った授業(?)が始まります。それぞれの駒の性格が分かりやすくまとまっています。なんと、書いたのは二海堂です。絵も二海堂です。多才です。その二海堂は零のアパートに無理矢理泊まって行きます。「引っ越し祝い」として(高級)ソファーベッドを運ばせて。

将棋会館に行くと、スミスと松本が「NHK 杯の二海堂の熱い解説観たぞ!」と零に話しかけてきます。みんな二海堂の「親友」への言葉に感涙します。あの熱い解説の後、二海堂は貧血で倒れてしまったと聞きます。二海堂のあのエネルギーはどこから来るのだろう?と考えます。

夜遅くに零が帰ると、玄関先に香子が立っています。「駅まで送ります」という零に、「寒いの!トイレに行きたいの!」と部屋に入ってきます。帰る素振りも見せずに、香子は二海堂の買った布団に横になります。「(お父さんと)ケンカでもしたの?」と零が聞くと、香子は「ここのところ帰ってないから」と答えます。「あの人」とまだいるのかと、零は聞きます。「あの人」とは後藤正宗という棋士で、妻帯者です。そして香子の恋人です。「そんなに(好きなの)?」「好きよ。大好き」と、香子。毒のある言葉を残して翌朝去って行きます。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of