アニメ

3月のライオン 5話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

ひなちゃんのお弁当作りは3時間かかりますが、大失敗に終わります。「あかり姉ちゃんは美人だし、お料理も上手だから、渡せなかった私の気持ちなんてわからないよ」と、泣いて捨てようとしましたが、あかりさんも渡せなかったことがあると聞いて、元気が出ます。

アニメ 3月のライオン 5話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月13日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

3月のライオン 5話のあらすじ・見どころ

零の育ての父は「幸田」と言い、零の父親とは将棋をさす友人でした。幼い零は学校ではいじめられていましたが、家に帰れば安心出来ました。そして、時々やって来る幸田と将棋をさす時は、対等に扱ってもらえるのが嬉しくて、又、いつも帰りの遅い父親とたまに将棋をさすのが楽しみで、零は将棋の勉強を頑張りました。

ある日、遠足から帰ると両親と妹が交通事故で亡くなっていました。飲酒運転の車が突っ込んできたのです。葬儀の時、零をどうするのかという話しになり「施設」に入れる話しが出ます。そこに幸田が現れます。「君は将棋が好きか?」と聞かれます。零に選択肢は他にありませんでした。「はい」と嘘をつかねばなりませんでした。生きるためにです。

そして、「将棋の家の子」となります。

その家には将棋をやる「本当の子たち」がいました。4つ上の香子と同い年の歩です。なまじっか、将棋が強かったばかりに零は京子や歩からいじめられました。特に京子は父親を零に取られたように感じ、キツく当たりました。奨励会で零に負けた京子と歩は父親に「将棋を続けていても仕方ない」と見放されます。それから、3人で将棋を勉強することはなくなりました。零は独りで黙々と勉強を続け、中学生でプロ一歩手前までいき、進学せずにプロの道を選びます。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of