アニメ

3月のライオン 3話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

スーパーに生活用品を買いに行った零は、備蓄用のカップ麺や菓子パンを買っていることをひなちゃんたちに見つかります。「なんか、ガッカリだね~私たちの料理より、カップ麺の方が零君はいいんだね~」と言われて、「そんなことありません!」と、ついていく零です。

アニメ 3月のライオン 3話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月11日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

3月のライオン 3話のあらすじ・見どころ

夏休み前になりました。いよいよ二海堂との対局です。小さい頃、夏休みになるとデパートの屋上などで「子供将棋教室」が開催され、そこで零と二海堂は「常連」となります。とても熱いある日、決勝に勝ち進んだ二人は「熱いのが苦手」な二海堂の粘りで長時間に及びます。零は「最短の対局で終わらせよう」としますが、二海堂も勝ちたいのです。最期は零が勝ちますが、二海堂はどんなに具合が悪くても、手がなくなるまで対局を終えない執念を持っているのです。

二階堂との対局は夜まで続き、苦戦を強いられましたが、零が勝ちます。二海堂はそのまま「じぃや(花岡)」と病院に向かいます。二海堂は腎機能が低下しているのです。子供のころから、病院を出たり入ったりしています。「次は負けない」と、言います。

対局後約束通り、零は川本家に行きます。送り火を焚くためです。とても静かに送った後、ひなちゃんが「ちょっとコンビニ行ってくる」と、行ってしまいます。零は後をついて行くと、コンビニではなく川に行きます。ひなちゃんは川に向かって大声で「お母さん」と、泣きじゃくっていたのです。皆の前では我慢していたからです。零は泣くことを諦めてきました。泣かない零と、泣くひなちゃんはしばらく川の前にいました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of