アニメ

殺戮の天使 4話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

レイチェルは電源スイッチをリモコンだと見抜き見事奪取に成功します。
二人はエディを倒すことができ、また一つ上のフロアに上がることができました。
今回の戦いによってお互い愛称で呼び合うようになり距離が徐々に縮まっていきます。

アニメ 殺戮の天使 4話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月10日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

殺戮の天使 4話のあらすじ・見どころ

B3にたどり着くとそこは鉄格子に囲まれた牢獄を連想させるフロアでした。
鉄格子に阻まれて先に進めないことに苛立ちを覚えたザックは鎌を鉄格子にたたきつけます。その瞬間ザックとレイチェルめがけて無数の銃弾が撃ち込まれます。

ザックの反応により難を逃れた二人のもとに甲高い声のアナウンスが響きます。声の主は断罪人を名乗るキャサリン・ワード(愛称キャシー)という女性です。彼女は罪人を「断罪」することを生きがいとしています。
彼女は監視カメラ越しにこちらを監視しながら指示を出してきます。

鉄格子はキャシーによって解放されましたが入れる部屋は一部屋のみでした。
そこで自分の名前が書かれたボードを持ってマグショットを撮れという指示が出されます。先に進む方法が他にない二人はしぶしぶその指示に従います。

二人を罪人と呼ぶキャシーはザックに刑罰を受けるか、牢獄の中で一生飼い殺しになるかどちらか選べと言います。ザックは臆することなくNOを突きつけます。

先に進むと大量のマネキンが椅子に座らせている人形部屋にたどり着きます。
その部屋の中でザックは不用意にも処刑用の電気椅子に腰かけてしまいます。椅子に座った途端ザックは椅子に固定されてしまいます。そしてキャシーが画面後しながら二人の前にあられます。

ザックの断罪を開始することを宣言したキャシー。ザックを生き残らせるために部屋の仕掛けにレイチェルは挑みます。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of