アニメ

殺戮の天使 2話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

上の階に上がったレイチェルを待っていたのは自身の担当医のダニエル・ディケンズ先生(愛称ダニー)だった。先生に自分を追いかけてきた男は殺人鬼だと教えられます。ですが、先生もなぜかイチェルを襲おうとします。そこに例の殺人鬼が現れ先生を殺します。彼ははたして敵なのか味方なのか?

アニメ 殺戮の天使 2話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月08日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

殺戮の天使 2話のあらすじ・見どころ

「私を殺して」レイチェルは突然殺人鬼にそうお願いします。
そんなレイチェルに殺人鬼はドン引きします。そんなことを言っている暇があるなら上の階に上がるためのエレベーターの扉を開けてみろと言われます。
扉の仕掛けを見破ったレイチェルに自分がここから出る手助けをして外に脱出することができたら代わりに殺してやるといいます。
この殺人鬼は幸せそうな顔や満ち足りた顔の人間を殺したくなるという感性を持っている男でした。
ここから殺人鬼とレイチェルの謎の協力関係が生まれます。殺人鬼の名前はザックというそうです。

二人で上の階に上ると墓が並んだ不気味なフロアに到着します。
そのフロアで二人は自分たちの名前が書かれている墓石を見つけてしまいます。
脱出するためのヒントを探すために二手に分かれてフロアの探索を始めますがレイチェルは謎の声を聴きます。レイチェルは探索していると自身へ宛てたラブレターの様なものを見つけます。
その間ザックは墓石壊しに興じます。これがまさかンファインプレーで墓石を壊す順番等で新しい部屋のロックが解除されます。偶然の産物ですがザックは運がいいみたいです。
尚も墓石を破壊しているザックはレイチェルの名前が書かれた墓石の前に立ちます。墓石を破壊しようとするもレイチェルに自分のお墓は壊さないでほしいといわれていたのを思い出して墓を壊すのをやめます。謎の優しさ(?)が垣間見えます。

レイチェルは新しく入った部屋で今までこのビルに来た人たちのプロフィールや生い立ち、死亡理由が書いてある履歴書を見つけます。その中にはレイチェルのものとザックのものもありした。これによってザックの過去が少し発覚します。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of