アニメ

銀の匙 2期10話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

御影家の経済会議が開かれます。八軒は御影の味方として、その場に参加します。じいちゃんが社長として進行し、馬を手放すと話します。そしてアキ(御影)が入るから、人手の心配は要らないと話しが進みます。そこで御影は「私は継がない」と、思い切って発言します。

アニメ 銀の匙 2期10話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2018年11月04日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

銀の匙 2期10話のあらすじ・見どころ

八軒を家庭教師に、本格的に勉強を始める御影です。苦手な日本史は「馬」をちりばめて教えることにする八軒。その作戦は上手くいき、食い付きのいい御影です。そこに先輩がやって来て、ピザ窯の実行委員会に入ってくれと、頼まれます。いつもなら「断れない男」ですが、今の八軒は違います。「友達の将来がかかっているんで」と断ります。

御影の勉強を見るために、慎吾に連絡を取ります。実家にノート類をとってあるから、取りに行けと言われます。八軒の苦手な実家です。始発で実家に向かいます。

御影は「私は馬に関わる仕事がしたいの」と伝えます。「アキは家を継ぐものだと思ってたんだよ…」と、母親は頭を抱えます。八軒は「もっと御影を見てやってくれませんか」と伝えます。「自分の言葉で言え」と父親に言われ「できれば、ばんえい競馬の裏方で働きたい!」「おじさんのところで働かせて」と言います。おじさんは、条件を出します。「最低でも大学を出ること」です。そして曾祖母は「好きなことするなら、それについてしっかり学びな」と、言います。そして、八軒が「勉強を見る」約束をします。御影の父は「お前の夢が本気なら、やってみろ。夢が叶うにしろ叶わないにしろ、お前の本気を支えてくれる友達を裏切るような真似はするな」と、言います。カッコいいです。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of