アニメ

銀の匙 2期9話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

「放り出せるか、バカ野郎!」「巻き添え上等だ!頭だろうが腹だろうが踏まれてやるよ!」八軒、男です。「仕方ないこと」と諦めたくないのですね。カッコいいところを見せます。

アニメ 銀の匙 2期9話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2018年11月04日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

銀の匙 2期9話のあらすじ・見どころ

額によっては、御影のうちも廃業になる可能性があると聞き、八軒は自分が無力であることを痛感します。相川は「金があるって有り難いよな」と言います。親が大学に行くことを簡単に了承したことを、有り難く思っているのです。八軒も「あんな親でも、大学行く費用を準備してくれているんだよな」と、思います。

御影に「もし」大学進学するとしたら、出来るのかと聞きます。御影は「貯金が幾らあるのか知らないけど、下手したら牛数頭売らないといけなくなる」と言います。駒場から御影に電話が入ります。「牛を全部売りに出す」と。御影は「私は見に行っておくべきだと思う」と八軒に話すと、八軒も見に行きたいと言います。

その夜御影の実家に行きます。八軒は業界の外野だとわかっていても、しんどくても見ておきたいと思っています。若い牛は他の農場へ。年寄り牛は肉になるしかないと、御影のじいちゃんは話します。八軒たちの乗った車の後ろからすでに、市場のトラックがついてきていました。

牛が連れて行かれ、牛舎を駒場と一緒に掃除をしました。空になった蓄舎はとても寒いことに気づきます。駒場は朝絞ったばかりの、駒場牧場最後の牛乳をホットミルクにしてみんなで飲みます。「うめぇ~なぁ」の八軒の言葉に「最高の誉め言葉だ」と喜びます。

御影は夢を失うのは怖いよねと、言います。そして夢を諦めて、一生後悔するのも怖いよねと言うのを聞いて、八軒は「やりたいことをやれよ」と励まします。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of