アニメ

銀の匙 2期8話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

駒場は1年です。ですから、周りのみんなは「来年の甲子園は駒場が連れて行ってくれる」と信じて疑いもしませんでした。全道大会の翌日から駒場が学校を休んでいる理由を知る人は、僅かです。もちろん、八軒は何も知らずにいます。

アニメ 銀の匙 2期8話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2018年11月04日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

銀の匙 2期8話のあらすじ・見どころ

中島先生が休んでいたのは、体調不良ではなくエゾノー祭で(勝手に)出された景品(チーズ)のための落ち込みでした。その中島先生は「チーズを作るのです」と八軒たちの前に現れました。御影と八軒、常盤と吉野が加わりチーズ加工室に向かうと、室温30℃の快適な場所です。ラクレットチーズを加工する過程で出る洗い物要員です。洗い物要員の不満が出るタイミングで、中島先生は「味見しますか?」と声をかけます。

お昼になり、まだチーズ作りが続いていますが、お腹が減りました。常盤が食堂までひとっ走りします。しかし、そこは「常盤(バカ)」ですから、納豆巻きを持ち込もうとして追い出されます。そして、チーズが出来上がるのは3ヶ月後という手間のかかりようです。

食堂に行くと、南九条がご飯を食べています。「酪農科学科の枠が1つ空くから編入しようと思って」と言います。何の事かを聞くと、「駒場牧場、離農するって」と聞かされます。「もう、いっちゃん(駒場)学校来ないって」と話す御影に、「なんで話さなかった?知ってたんだろう!」と八軒が言うと、「話せるわけないでしょ?それにあなたに何が出来るの?」と、タマコに言われます。

翌日、授業中に駒場が荷物を片付けに来る頃、八軒は仮病を使って見に行きます。駒場が頑なに「働く」と言うのは、御影の家が駒場牧場の借金の保証人になっているからです。駒場も御影も、八軒を気づかい巻き込まないように守って来たのです。自分たちの方がキツいのに。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of