アニメ

<物語>シリーズ セカンドシーズン第懇話『つばさタイガー其ノ肆』の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

阿良々木家で一晩を明かした羽川。目が覚めると部屋と自身に様々な違和感を覚えます。自身で次々と違和感の証拠を見つけて正体を突き詰めていきます。そしてついに自身が再びブラック羽川になっていることに気づいてします。

アニメ <物語>シリーズ セカンドシーズン第懇話『つばさタイガー其ノ肆』が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
dアニメストア
本ページの情報は、2018年11月02日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

<物語>シリーズ セカンドシーズン第懇話『つばさタイガー其ノ肆』のあらすじ・見どころ

阿良々木家で朝食を済ませた羽川は学校に向かうために家をあとにしようとします。
阿良々木家の玄関で
「いってきます」と言って外に出ようとすると阿良々木暦の母親に引き留められます。
彼女は深く羽川の家庭環境について詮索したりはしませんが、今の親元を離れていることの異常性を話します。
 そして「人は嫌なことがあったらどんどん逃げていいけど目を逸らしているだけじゃ逃げていることにならない」
含蓄のある言葉ですね。
この阿良々木暦のお母さんのシーンは個人的に名言だらけで心にすごく響きました。
 

羽川は学校へ向かう途中でエピソードと遭遇します。彼とは春休みの時に因縁がありますがアニメでは初登場だったので初めて見る人はおいてけぼり感は少しあります。

そのエピソードは羽川を見て「お前本当に羽川翼か?」という趣旨のことを問います。ヴァンパイアの視力を持ってしても羽川と認識できず“凄み”が消えているといいます。もはやそれは切り離されているように何の痕跡もないそうです。これがどういうことなのかは他の話にて明かされます。エピソードと会話しているところにもう一人ある人物がやってきます。その人の名前は臥煙伊豆湖といいます。この人も今回がアニメ初登場となります。
臥煙曰く自分は「なんでも知っている」そうです。
彼女は一体何者なんでしょうか?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of