アニメ

銀の匙 1期10話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

豚丼の事でモヤモヤするものの、夕飯に入っていたカレーの豚肉はやはり、美味しいのでした。それにしても屋台で出会った兄貴の慎吾は、焼きそばでも不味く作る才能があるのですね。さて、豚丼の出荷は近づきます。八軒はどうするのでしょう?

アニメ 銀の匙 1期10話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2018年10月31日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

銀の匙 1期10話のあらすじ・見どころ

吉野は「当たり前と思って来た、育てて食べるってことを(八軒の影響で)改めて考えてみることにした」と、話します。「私も情が移っちゃって、この先豚が食べられなくなったらどうするの!責任とってよね!」「あー、ハイハイ」と応える八軒との会話を聞いていた常盤は、「責任とる」に反応します。常盤を中心に噂が広まり、八軒と吉野が呼び出されます。嘘だとわかり、常盤はまたもや強制労働です。

豚丼は明日出荷なので、エサやりはいいと富士先生に言われます。出荷の前には胃腸を空にする必要があるからです。八軒は覚悟します。「豚丼を買います。買うのは肉になった豚丼です!」富士先生は「金はあるのか?」と聞き、「夏休みのバイト代があります」と答えます。豚丼は出荷されます。「肉になったら知らせる」とだけ伝えられます。

数日後、豚丼だった肉51キロが届きます。バイト代の入った給料袋から、支払います。八軒は稲葉先輩に「ベーコンの作り方を教えて下さい!」とお願いしに行きます。肉50キロをベーコンにするのに、八軒一人で挑みます。下拵えだけでかなり腕はガチガチになります。稲葉先輩は、ベーコンが出来たら一部買わせてくれと言われます。燻製が始まると、ベーコンに向かない肉で豚丼を作りみんなで食べます。やはり飯テロアニメです。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of