アニメ

銀の匙 1期7話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

前回ブルペンで駒場の練習に付き合わされた八軒は、そこで駒場の夢を聞きます。牛の世話をしてから練習し、甲子園に行ってプロ野球選手になり、契約金で農場を建て直し母親を楽させること。そしてプロを引退したら自分が農場を継ぐと言います。駒場の夢は叶うのでしょうか?そして、八軒の夏休みのバイトも終盤です。

アニメ 銀の匙 1期7話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2018年10月31日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

銀の匙 1期7話のあらすじ・見どころ

休みをもらった八軒は、タマコの家のギガファームの見学に御影と行きます。ギガファームは4軒の農家と従業員10数名でやっています。乳牛だけで800頭なので、回転式搾乳設備まであります。タマコの親は、シッカリし過ぎている娘のことを心配しますが、タマコは「お金が好きなだけ!」と、イキイキ語ります。

その時、牛の出産が始まり八軒も手伝わされます。男手は必要ですからね。逆子だったこともあり、牛の「いきみ」に合わせて引っ張ります。生まれても息をしない子牛を叩いたり、人工呼吸をしてようやく生まれた子牛は、すぐに母牛と引き離されます。生まれた子牛がオスだったので、食肉用になるのです。

御影が悩んでいることに気づいている八軒は、御影に将来の事で悩んでいるなら、ちゃんと親に自分の気持ちを伝えるように言います。夢があるのに、そのために努力もしているのに、叶わないのが嫌だと言います。

そんな八軒を御影は「馬みたいだね」と言います。臆病で繊細で仲間思い…以前御影が言った言葉です。「面倒だなぁ~」と八軒は応えましたが、「そこが良いでしょ?」という会話を思い出します。御影の父親が帰ってきます。「宿題はやってるのか?」という父親とアキの会話から、夏休みが終わったら、豚丼もベーコンになるんだなぁと、思うのです。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of